So-net無料ブログ作成
検索選択
小説・コラム・エッセイ・ライトノベル ブログトップ

風立ちぬ 堀辰雄 小説 あらすじ [小説・コラム・エッセイ・ライトノベル]

風立ちぬ 堀辰雄 小説 あらすじ

スタジオジブリ宮崎駿の最新作「風立ちぬ」がもうすぐ公開されますが
どういう内容なのか?

実在のゼロ戦設計者の堀越二郎の半生を描いたもの、という事ですが
そこに恋愛要素として入ってくるのは、同時代の小説家・堀辰雄の「風立ちぬ」の内容らしいです。

フィクションにノンフィクションをミックスしちゃったのかな?

で、原作というか、堀辰雄の小説「風立ちぬ」はどういうあらすじなのか気になったのですが
いわゆるサナトリウム文学というもので、主観的でわかりにくい文章です。おおまかなあらすじがよくわかりません。

↓うまくまとまった記事を見つけました(ウィキペディアより、感情の部分が伝わるまとめです)。
>風立ちぬ 堀辰雄 ほりたつお


アニメ映画「風立ちぬ」は、この小説の「主人公が結核の少女と出会い、療養生活に寄り添う」という部分をエッセンスとして取り込んでいるようです。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

道尾秀介 みちおしゅうすけ 月と蟹 あらすじ 感想 直木賞候補 5期連続 [小説・コラム・エッセイ・ライトノベル]

道尾秀介(みちおしゅうすけ)の「月と蟹」が5期連続で直木賞候補になりました。


道尾秀介は戦後の直木賞候補としては最多になるそうです。

●道尾秀介「月と蟹」のあらすじ
小学生の慎一と春也は「ヤドカミ様」なる願い事遊びを考え出す。100円欲しい、いじめっ子をこらしめる――他愛ない儀式はいつしかより切実な願いへと変わり、子供たちのやり場のない「祈り」が周囲の大人に、そして彼ら自身に暗い刃を向ける……。


●道尾秀介「月と蟹」感想

子供の世界の描写が秀逸。子供ならではの不安定な心理がよく描かれています。
一度読者の心を子供時代に引き戻しているので、主人公に感情移入でき、先の展開が読めないドキドキ感が高まります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
小説・コラム・エッセイ・ライトノベル ブログトップ
糖分は体内で中性脂肪となります
copyright©芸能裏ニュース All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。